公益社団法人 東京電気管理技術者協会 神奈川支部
〒231-0032 横浜市中区不老町3-12 第3不二ビル8階
TEL: 045-662-3735   FAX: 045-651-3028

電気のスペシャリスト

Specialist 私たちは電気のスペシャリスト

 
― 技術と信頼を高めるために様々な活動を展開します―

電気技術はとどまることなく進歩を続けます。
この進歩のスピードに遅れることなく最新の保安管理サービスを提供するために、私たちも進化し続けます。
 

■21世紀型の保安システム

たとえば、最新の情報通信技術を利用した常時監視システム。
これは、お客さまの電気設備の状況を保安センターのパソコンや、お客さま専任の会員が持つ携帯電話で24時間監視できるシステムです。
万一異常が生じた場合でも、リアルタイムでチェックし対応できるので安心です!
当協会では、社会をダイナミックに動かす電気エネルギーをトラブルから守るため、常に最善の保安管理体制でのぞんでいます。
 

■積極的な技術研鑽

お客さまの電気設備は様々です。
その電気設備を安全に、効率よくしかも低コストで維持管理することが求められる時代。
それには豊富な経験と高い技術が必要です。
当協会の会員は、常に新しい技術を吸収するため、当協会や他の機関の行う講習会・研修会などに積極的に出席するほか、電力会社など外部組織との技術交流を通して自己研鑽に努めています。
 


 
最新の技術を吸収するために毎年開催されている技術研究発表会(一例)
・テーマ「高圧CVケーブル」
CV(架線ポリエチレン絶縁)ケーブルは、構内引込み線として多く用いられますがケーブル劣化が電気事故の原因に指摘されるケースが少なくありません。
6600V地中配電線の事故原因は、水トリーの比率が30%以上と報告され高圧CVケーブルの主な劣化要因といわれています。
地中配電ケーブルの歴史と製造方法、水トリー現象の実際、高圧CVケーブルの絶縁診断と保守管理――といった観点から保守管理上の注意点などを学習します。
東管協会員は、協会主催のこうした発表会、講習会のほか、他の機関による技術研修会などに積極的に参加し、電力会社など外部組織との技術交流も通じるなど自己研鑽に努めています。
 


■お客様のサポーター
■電気のコンサルタント
■電気のホームドクター
■安心のベストパートナー